PS5(デジタルエディション)フォトレビュー。PS4と大きさ・APEXでのfps値など挙動性能を比較します。

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

ついにお迎えできました!PlayStation5です!

先代PS4と比較して、有機的な曲線のデザインとホワイトのカラーは、非常に未来を感じさせてくれます。

以下、簡単なレビューです。

外観レビュー

開封時のファーストインプレッションとしては、かなり大きいといった印象。

前面

前面には主にポートが。

USB-AポートとCポートです。

下部には電源ボタンもあります。

上部から冷却用の空気を取り込むデザインになっています。

なんとなく飛行機を感じさせるデザインです。

背面

背面には排気口と端子類が。

上から、

  • USBポート × 2
  • イーサネット端子
  • HDMI端子
  • 電源端子

となっています。

光デジタル端子は無くなったみたいですね。

PS4とサイズ比較

かなり大きめ

それでは、PS4(CUH-1200系)との比較です。

参考までに、公式のサイズ表示では

PS4・約 275mm×53mm×305 mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)

重量・約2.5kg

PS5・約 390mm×92mmx260mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)

重量・約3.9kg

とのことです。

縦置き

かなり縦に伸びましたね。

ちょうどデュアルショック4を重ねるとぴったりです。

横置き

これまたかなり大きめ。

スクエアデザインでスッキリまとまったPS4と比べ、かなり流線形のデザインな上そもそもの本体サイズも大きくなっているので、置き場所は少し考えた方が良さそうです。

奥行きは、ややPS4の方が大きい様子です。

厚さ

幅も大きくなってはいますが、これはそこまで大きな差はついていないみたいです。

コントローラー

一新されたデザインのコントローラー、DualSenseです。

握った感じはひとまわり大きく感じました。

個人的にはこのマイクミュート機能が非常に便利。

背面はUSB-Cになりました。

外観としては、時代が求めているアップデートを無難にこなしてきた、といった印象ですね。

おまけ・APEXの挙動

筆者はAPEXをよくプレイしますが、実際にスペックで差があったのかについてご説明。

端的に申し上げると、「非常に挙動が安定した」印象です。

出力されるFPS値は4、5共に60fpsですが、PS4(特に初期型、もしくはPRO,slim以外)であれば、ジャンプマスター時や乱戦の状況下でfpsが著しく下がる(30fpsぐらい)といった事がしばしば起きていました。

PS5に買い替えてからは絶対にFPSが下がらない挙動をしているので、とても快適です。

まだまだ安定した在庫に落ち着くまで時間がかかりそうですが、最後に在庫の増加と転売ヤーの撲滅を祈って、本記事を締めたいと思います。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元1050p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直かなりお得です。是非試してみてください。