M1 MacにGoProを接続し、ZOOMでWEBカメラとして使用する方法。

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

メイン機をM1 MacBook Airに変えてから半年ほどが経ちました。

結論としては非常に快適。母艦のiMacより処理が速く、M1の力に感心してしまいます。

ところが、やはり新しいシステムにはつきものの相性問題、私の環境ではGoProがWEBカメラとして使えない事態が起きました。

そこで今回は、M1 MacBookとゴープロを接続し、WEBカメラとして使えるように試行錯誤した結果、使える様になったので備忘録としてシェアしたいと思います。

使用環境

PC:MacBook Air 2020 (M1プロフェッサー・macOS BigSur ver11.4)

カメラ:GoPro HERO9

ケーブル:普通のUSB-Cケーブル(写真はApple製)

対処前

ここからユーティリティをDL

ゴープロをWEBカムとしてMacで使えるようにするための手順として

  • HERO9 Black、HERO8 Black、HERO7 Blackのいずれかを用意
  • ゴープロ本体のバージョンを最新にする
  • GoProウェブカメラデスクトップユーティリティをインストール
  • ZOOM、Microsoft Teams等のソフトで使いたいカメラ(GoPro)を選択
  • 無事配信

といった流れだったのですが、どう試しても「使いたいカメラ(GoPro)を選択」で躓く。

GoProが選択画面に出てこなかったんですね。

原因はたぶんM1チップに対応したソフト側

諸悪の根源、アプデ

色々と調べると、どうやらZOOM側のアップデートが原因みたいでした。

というのも、M1チップに最適化されたバージョンアップがなされていたのですが、これが悪さをしていた模様。

というわけで、インテル版Mac用のソフトをDLしたところ、無事ゴープロをカメラとして認識してくれる様になりました。

旧verのZOOMをインストールした後の画面、この後私の顔がうつる

旧verのZOOMのダウンロード先

Zoom is the leader in modern enterprise video communications, with an easy, reli…
zoom.us

大事なのは、M1(Apple Silicon)に最適化”されていない”方をダウンロードするということです。

また、ZOOM起動時に毎度毎度「更新ZOOM」とポップアップが出ると思いますが、

これも鋼の意思で無視。

これで当環境では解決しました。

終わりに

なかなか苦戦しましたが、どうやらこのバグはGoProだけでなくSONYのミラーレス一眼をWEBカム化するソフト「Imaging Edge Desktop」でも同様の問題が起きているそうです。

私もα7Ⅱのユーザーですので、繋げられたら便利だなと感じていましたが、この方法でImaging Edge DesktopもちゃんとZOOM側が認識してくれました。

参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめです。💁‍♂️

【M1 Mac対応】相手に最高の印象を。高級・高性能おすすめWEBカメラ5選。明るく好印象を与える高機能モデルを厳選。
今回は、高級・高性能WEBカメラを厳選して紹介。 人の印象は3秒で決まる、、なんて言葉もありますが、少なくとも「写り」で印象は大きく変わります。 新しい働き方で…
i-otaku.com