徹底図解。GSP500のイヤーパッド交換方法やり方・実践レポート【ゼンハイザーGSP550/GSP600/GSP670共通】

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回、GSP500のイヤーパッドの劣化が気になった為、純正のイヤーパッドを購入しました。そこで、実際の交換手順を画像付きでレポートしていこうと思います。

購入先の話

レビューなど各方面の反応では、「非純正は音質が落ちる」「劣化が早い」などの意見が見られました。

筆者自身そこまで純正にこだわりがない人間なのですが、非純正と比較しても値段差がそこまでないのも鑑みて、今回は純正を選びました。

Geekriaなどからは激安であるみたいなので、少しでも安く抑えたい方はそちらからの購入がお勧めです。

Amazonがなぜかめっちゃ高い

また、なぜかAmazonでの値段が転売価格でめっちゃ高い(5500円)ので、購入は直売店か楽天市場をお勧めします。僕は楽天で2480円(これが定価)で購入しました。

【追記】

オフィシャルの取扱店がAmazonにセーラー登録した模様で、在庫があればAmazonでも定価で購入できるようになりました。

公式の手順

Amazonの説明には、取り付け方法は以下の様になると説明されています。

取り付けのヒント:親指でイヤーパッドをしっかりと押し、イヤーパッドを回避します。 6つのクリップがすべて取り付けられていることを確認し、イヤーカップの内側をクリックします。

では、この通りに実践していこうと思います。

イヤーパッドの外し方

イヤーパッドをとった状態

GSPシリーズは、写真の様にイヤーパッドと本体が6箇所の爪で引っかかっている構造なので、一つずつ外側に向かってひっぱり、外していく手順をとります。

横から覗いた図。真ん中のあれが爪です

この様に爪がある(っぽい)部分を抑えて

パチリ。

これをあと5回行うと外れます。

付け方は逆の手順をとります。

イヤーパッドの付け方

交換するイヤーパッドを左右間違えない様に合わせて

爪のある部分を上から抑えてパチリ。

6カ所全ておさえて、ぐらつきや音が無くなったら交換完了です。

お疲れ様でした。

交換して変わったこと

装着感の向上

案外中のスポンジ部もヘタっていたみたいで、フワフワと心地よくホールドしてくれる様になりました。

音質の変化は無し

流石に純正なので、変わったらむしろおかしな話ですが、一応書いておきます。

見た目がきれいになった

想像以上に新品のヘッドホンっぽくなって満足です。

以上、GSP500のイヤーパッド交換のやり方・実践レポートでした。

参考になれば幸いです。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元1050p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直かなりお得です。是非試してみてください。